御祈願のご案内

安産祈願安産祈願は妊娠5ヶ月目の戌の日に参拝し子供を授かった事を感謝し、元気に生まれ丈夫に育つよう願いをこめて岩田帯をしめる習わしがあります。 これは、犬が安産で子犬の成長が早いことにあやかるものです。腹帯をお持ち頂ければ安産祈願の際、神前にお供えしおはらいし、清めましてお返 しいたします。受付の際にお申し出下さい。腹帯を身につけておまいり頂いても結構です。ガードルタイプやサラシでも結構です。 安産祈願は必ず戌の日にしなければならない。ということではなく、お母さんの体調を優先し、ご家族一緒におまいりできる日がよいでしょう。 当社では毎日、安産祈願を行っております。

安産祈願表
初宮参り初宮詣りは古くから何処でも行われて来た信仰で、神の思召によって神の御霊を受けて生まれた赤ちゃんが、健全な発育を遂げて立派な人となり、家のため社会のために力を尽くせる人となるように祈ります。地域によって多少異なりますが、福岡県下のだいたいの地方では、生まれてから男児は30日目、女子は31日目(またはそれ以降のあまり離れない時期)に参拝する慣例となっております。

初誕生初誕生は、子どもの生まれて初めて迎える誕生日に際し、1年間無事に成長したことを祝い、更なる健やかな成長をお祈りする行事です。古くより初誕生に際しては、(福岡県下では)餅ふみの行事をする習わしになっておりますが、当神社では初誕生の御祈願を受けられた方は、その場で餅ふみの行事を執り行っていただきます(お餅は当方で用意いたします 要予約)。

七五三
日本では古来より、子供の成長にしたがい様々な儀礼をおこなってきました。 男女とも3歳時は「髪置(かみおき)」と言い、髪を伸ばし始めました。男児5歳時には「袴着(はかまぎ)」と言い、初めて袴を着け、女児7歳時には 「帯解(おびとき)」と言い、子供用の紐を取り大人と同じ帯を着けました。 これを起源とし、11月15日に氏神様に参り、御神徳のもと無事に成長出来た事を感謝し、今後の健やかな成長をお祈りすることを七五三詣と言います。 現在は社会的変化によって、11月中は随時七五三詣が執り行われます。また、お子様の成長を願う気持ちには変わりがないと言う事から、男女に関係 なく3歳、5歳、7歳ともお参りする方もおおく見られます。

初詣
新年の年の初めをお祝いすると共に、その1年間も大神様のご加護を頂き、平穏に生活できるようお祈りします。また、合わせて家内安全や商売繁盛 などをお祈りされる場合もあります。

家内安全
家庭に災い無く、家族全員が健やかに過ごせるようにお祈りします。

商売繁盛
営んでいる商売の繁盛や、事業の成功・発展、または社員従業員の安全をお祈りします。

厄払い
古来から、厄年の年齢は体力的・環境的・社会的に転機を迎える年であり災厄が起こりやすく、忌み慎む年であると言われています。 中でも男性の42歳、女性の33歳は本厄(大厄)とされ、特に意識される事が多いようです。

27
合格祈願
学問・文道の神様である御祭神「菅原道真公」に、志望校や資格・就職志望などをお取次ぎします。 大神様のご加護の下、勉学に謹まれ各種受験に際し無事実力を発揮できるようお祈りします。

学業祈願
学問・文学の神様である御祭神「菅原道真公」のご加護を頂き、日々の勉学に謹み学業の上達・日々の精進をお祈りします。

寿祝
大神様のご加護のもと、お祝いの歳まで長生き出来た事を感謝し、益々元気に生活できるようお祈りします。